About

影野若葉とは

フラメンコギターで弾き語り活動を行うシンガーソングライター。幼少期からクラシックとジャズピアノを学ぶ。楽曲づくりの原点は、幼い頃から祖母が自宅で流していたシャンソンやラテン、スタンダードナンバーや映画音楽。アコギ弾き語り、朗読・芝居などの活動を経て、2017年より「影野若葉」として年間150本にも及ぶライブツアー中心のスタイルへと移行。

2020年より演奏活動自体は休止中だが、Webにて楽曲発表をするなど、再び創作にのめり込んでいる。以下作品略歴。

  • 2017年7月 Sazanami Labelより1stフルアルバム『別れの夏へ』を全国リリース
  • 2018年1月 ツアー先の伊豆をテーマにした特殊デモ『細道をたどれば』をリリース
  • 2018年9月 Sazanami Labelより2ndフルアルバム『涙の謝肉祭』を全国リリース
  • 2019年1月 ツアー限定音源シリーズ「全国影行脚」企画スタート
  • 2019年5月 新曲を交えたテーマごとのデモ「三人二脚」シリーズ登場
  • 2019年8月 シングルデモシリーズ第二弾「三人二脚-宴-」リリース
  • 2020年2月 シングルデモシリーズ第三弾「三人二脚-白-」リリース
  • 2020年5月 最新曲「羽化」のダウンロード販売開始
  • 2021年5月 ツアー・イベント限定音源に初収録・再録をまとめた限定音源集『全国影行脚』がダウンロード版、CD版同時発売
  • 2021年10月 初のピアノ音源、シングルデモシリーズ番外編「三人二脚-鍵-」リリース